夏の肌の保湿は一年中とても重要な肌の手入れ。

夏になってくると肌の手入れがとても大切な季節になってきます。

顔の肌が乾燥した人もいるでしょうし、また反対にベタベタに汗ばんだ顔になることもあるでしょう。

夏では暑さのため、顔からどの季節より汗が出てくる環境になるわけですが、そのままでは暑さから汗ばみ、顔がテカル顔の状態になると思います。

かと言って、しょっちゅうハンカチやタオルで顔をふいたり、強くなぞったりしていると、肌には良くないばかりか、保湿成分までふき取られてしまい、結局は肌にとって刺激が重なって肌に良くない状態になるようです。

肌の手入れの決め手は肌表面のキメの細かさを保つことと、その正しい手入れです。

睡眠をきっちりとったり、不規則ではない食事、紫外線を長時間受ける状態でないこと、ストレスを受け続けないこと、

それは何か、余りにも、決まりきって窮屈に見える習慣に見えるかもしれませんが、どれも普通に避けようと努力していけば一つのストレスを除いてどれもが努力すれば達成できる習慣かもしれません。

肌のキメの細かさはとりもなおさず、みんなが同じ条件であれば、それは保湿された顔の肌の状態であるか、ないかです。

肌がカサカサだと乾燥して肌が傷んだ状態で、砂漠肌だとは言いませんが、それに近い状態で決して肌には良くありません。

人の体はほとんどが水分を保って生きていますが、水が無いと夏だと熱中症になりますね。こまめに水分を補給するわけです。

それが特に顔であればなおさら、人も水分を補給しないと危険なように、人の肌も水分を保った保湿状態が必要なのてす。